Eat 2017/07/13 15:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

〈深夜シリーズ〉深夜のおつまみサンドウィッチは格別だった。

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


都市圏として、世界一の人口を抱える東京。新たなカルチャーや刺激を求めて、多くの人が昼夜を問わず街に繰り出す。そんな東京の、夜更けでも楽しめるお店にフォーカスする〈深夜シリーズ〉。第一弾は、眠らない街・渋谷にある、深夜2時までオープンしているというサンドウィッチ・スタンドを紹介する。

終電を待たずに売り切れる、創作おつまみサンド

170712_sinyasand_01.jpg

眠らない街、東京・渋谷。ここに、深夜2時まであいているサンドウィッチ・スタンドがあるという。名前は、「ドレスのテイクアウト店」。JR渋谷駅西改札から、246号の歩道橋を渡って桜丘町へ入る。1分ほど歩くと、夕暮れの街にぼんやりと浮かび上がるショーケースが現れた。

170712_sinyasand_02.jpg

「ペッパーチキン・レタスチーズ」、「有機野菜のピーナッツみそ」...... 見たこともないメニューが並ぶ。「お酒のツマミになることが前提なんです」と、オーナーの森谷義則もりや よしのりさん。定員3人のこじんまりとした店内にお邪魔し、4つのサンドウィッチをビールとともにいただいた。

170712_sinyasand_03.jpg

写真左から順に、やわらかくジューシーなお肉にマスタードの効いたキャベツが絡む、「メンチカツ¥220」。定番のタマゴサンドにブロッコリーのボリボリとした食感が心地良い「ブロッコリー玉子¥200」。ビールとの相性バツグンの「アジフライ¥180」。新鮮なマンゴー、ブルーベリー、キウイをたっぷりのクリームとクランベリージャムで包んだ、一番人気の「フルーツクリームサンド¥380」。

小技の効いたしっかりしたテイストの具材をパンが包むことで、どれもやさしい味わいになっている。数件はしごした後でも、何枚でも食べてしまいそうだ。深夜2時まで営業しているものの、日付を越える前にサンドウィッチはすべて売り切れてしまうらしい。

170712_sinyasand_04.jpg

レモンケーキやプリン、チョコバナナサンドなど、デザートになるメニューも充実していて、お子さんや飲み屋のお姉ちゃんのおみやげに買って帰られるお客さんも多いのだそう。この日は「パーティに持って行く」という常連さんが、10人分くらいのサンドウィッチをテイクアウトしていた。ただし、まとまったテイクアウトは、1週間前を目処に予約が必要とのことだ。

歴戦のシェフ常駐のダイニングバーとしての顔も

170712_sinyasand_05.jpg

森谷さんは、これまで夜の世界を渡り歩いてきた。下北沢の名門ジャズBar「LADY JANE」からはじまり、新宿ゴールデン街、赤坂の超高級クラブ、霞町の和食店、中国・大連のイタリアンレスランのマネジメントを経て、ダイニングバー「ドレス」を渋谷にオープン。しかし、渋谷の再開発で立ち退きにあい、2014年に今のお店を始めたそうだ。

「1年で潰れると思ってたんです。その間に次の物件探そうと思って。2坪しかないこんな狭いスペースでできることは何だろうって考えて、サンドウィッチを始めたんです。だから、そんなに力を入れてるお店じゃないんですよ笑」

なんて言いながら、サンドウィッチの話になると一気に料理人の顔つきになる。 「コールドスタイルは難しい。放っておくと鮮度はどんどん落ちるし、いつ食べてもらえるかわからない。例えば、揚げ物は冷えると油が固まるし、キャベツをおいしく炒めるとパンがベチャベチャになっちゃう。どんなシチュエーションでもおいしく食べてもらえるよう試行錯誤していたら、3年経っちゃいました」

170712_sinyasand_06.jpg

彩り豊かな経験は、フードメニューにも表れている。サンドウィッチのほかにミラノ風ポークカツレツやビーフストロガノフなど、注文が入ると手狭なキッチンでササッとつくってくれる。ビール、ワイン、ウイスキー、日本酒もストックしてあるので、ダイニングバーとしても楽しめる。リピーターの中には、サンドウィッチを一度も食べたことがない方も多いのだとか。

170712_sinyasand_07.jpg

慌ただしく人々が行き交う渋谷の街頭を尻目に、店内をゆったりとした時間が満たしていく。森谷さんがつくりだすそんな雰囲気に触れるため、これまでのお店の常連だったというお客さんが、入れ替わり立ち替わり訪れる。

「前お店に連れてきたヤツが仕事でしくじって、大変そうなんだ」
「あの常連さん、ダイエットして痩せてきてる」
「物件探してもう3年。森谷さんのお店にぴったりの街は一体どこだ......」
今夜も、色んな話に花が咲いた。

店を後にする前に、こんな質問をしてみた。
「次のお店が見つかったら、サンドウィッチはどうするんですか」
「なくなります笑。ハコにもよるけど、こんな形で提供することはないんじゃないかなぁ」

170712_sinyasand_08.jpg

噂に聞いた「深夜のサンドウィッチ・スタンド」は、移転先を探すダイニングバーのかりそめの姿だった。今しか食べられないかもしれない創作サンドウィッチを、ぜひ一度味わってほしい。こんな調子の森谷さんが、ひょうひょうと次の街へ行ってしまう前に。

<店舗情報>

ドレスのテイクアウト店 http://www.dress-2f.com

Writer:Hiroshi Shiojiri

スカパー!番組放送情報

170712_sinyasand_09.jpg
©2014 久住昌之・谷口ジロー・fusosha/テレビ東京

番組孤独のグルメ Season 4 真夏の博多出張スペシャル 福岡県福岡市博多区中洲の鯖ごまと若どりスープ炊き

放送日時 2017年7月16日(日) 17:30~18:30
チャンネル チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた(CS305/プレミアムサービス664)

※再放送や関連番組の検索はこちら

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. ©2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会 ©NHK 撮影=福岡諒祠 ©KawaiianTV 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©KBS © 2011「探偵はBARにいる」製作委員会

  • TOP
  • Eat
  • 〈深夜シリーズ〉深夜のおつまみサンドウィッチは格別だった。

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード