Eat 2017/07/23 12:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

〈深夜シリーズ2〉深夜にしか食べられないラーメンは格別だった。

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


芳しいスープの香り。艶やかに伸びる細麺。箸でとけた甘いチャーシューの肉汁。それらに魅了されるラーメン好きは日本に何人いるのだろうか。

東京の神楽坂に終電後から営業を始めるラーメン店『まる田』があることを知り、その不思議さに惹かれて行ってきた。

だいたい終電後......。毎日未定のオープン時間

170719_sinyamen_01.jpg

終電間際の深夜の神楽坂。駅から数分、細い路地の奥にある赤い"中華そば"の提灯が怪しく光り出した。それが『まる田』のオープンの合図。

店内に入ると店主とおぼしき男性が、忙しそうに厨房から出入りをしている。「とりあえずこちらへ」とカウンター席に案内された。

広すぎず、狭すぎない。イエローブラウンの淡いライトが優しく包む。綺麗に並べられた酒の瓶の色とりどりのラベルが鮮やか。そんな印象の店内だ。

170719_sinyamen_02.jpg

程よくヨレ感が広がる白い紙にメニューが並ぶ。麺モノは5種類。トッピングが幾つかあり、ご飯モノもある。

170719_sinyamen_03.jpg

初めてのお店ということもあり、まずは基本の中華そばを注文した。気分の上がる土曜の夜なので、カロリー計算をするのは止めて明太子ご飯と生ビールも一緒に

「ラーメン好きなんですよ。だから自分で作っちゃえって」

170719_sinyamen_04.jpg

噂の深夜中華そばの絵を想像しながら待っていると、昔ながらのシンプルで美しい中華そばが運ばれてきた。

目の前に現れたその中華そばは、昔ながらの醤油ベースの透き通ったスープ。鶏ガラのスープは透明でシンプルで香りも高い。

「美味い」と密かに唸りながらスープを口に運ぶ。コクがありながらもあっさりとしたスープと、紛れ込んだほのかに薫る刻みネギが見事にマッチしている。

ぐっと掴んだ厚さ1センチ弱のチャーシューはずるずるっと溶ける様に解けた。ほんのり甘く口の中に広がる肉汁が、また箸を麺へと走らせる。

170719_sinyamen_05.jpg

普通のラーメン店らしい厨房は、『まる田』の中にはなく、店主が目の前に現れるのは、注文を受けるときと出来上がったメニューを出すときぐらいだ。

「なぜ終電後からなんですか」裏からひょこっと現れた細身の店主に聞いてみた。

「0:00ぐらいまでは、他のお店がここで営業しているからですよ」と話す店主。

170719_sinyamen_06.jpg

『まる田』は、ある飲み屋さんの営業後に間借りをして営業しているとのこと。実は店主は、その飲み屋さんの従業員でもある。クローズ後に自分のやりたいラーメンを数時間やるのが彼のスタイルなのだ。

行く前にネットで調べた時、0:00"ごろ"オープンとなっていた理由が分かった。飲み屋さんのクローズの時間によって、ラーメンを出せる時間も変わるのだ。ラーメン店ぽくない店内であることからも、店主があまり目の前に現われないことに合点がいく。

ではなぜ始発頃までオープンしていないのかと聞いてみたところ、「早く寝たいじゃないですか(笑)」との返事。

ラーメン職人独特の暑苦しさは一切ない独特の心地良い緩さが店主の特徴だ。それを聞いて少しこの店が好きになった。

もともとラーメンが大好きだったと言う店主。自分の住む「神楽坂でラーメンが食べたかった」という理由だけで、独学で自己流のラーメンを考案した。頂いた名刺には、「利き酒師・焼酎利き師」との文字がある。彼の黄金の舌があのきめ細かいスープの味を作ったのかもしれない。

酒を飲んだ後に食べるラーメンはすべからく美味い。神楽坂の夜を楽しむ人たちのもう一つの楽しみになればと、このお店を始めてそろそろ4年が経つそうだ。

ここのラーメンを食べるために、飲む

170719_sinyamen_07.jpg

オープンしてすぐに入店したはずだったのだが、常連らしい方がもう先に隣に座っていたのに気がついた。「ここで食べるために飲んでくるんだよ」。

『まる田』のTwitterがつぶやく「開いてます」の合図を待つ人が神楽坂には何人もいるらしい。他の店で酒を飲みながら、まる田のオープンを待ち、開いたと分かったらすぐに残りの酒を飲み干して、お店に向かうわけである。夜中のラーメンはとにかく最高なのだ。

神楽坂に住んでいて、毎週一度は必ず『まる田』でラーメンを食べるのだと教えてくれた。慣れた手つきで担々麺をすすりながら、自然と生まれた笑顔は朗らかだった。

170719_sinyamen_08.jpg

一日たったの数時間、しかも夜中にしかオープンしないのに、店外まで列が出来るのが『まる田』の凄さ。ここの中華そばが好きすぎて、一度食べて、外で並んでまたもう一度食べるという人までいるらしい。その彼もそんな"まる田族"の紛れもない一員である。

神楽坂に住んでいる人だけでなく、終電を逃してしまったサリーマン、そして近辺の学生達までもが、酔った心地の良い気分で楽しめるラーメンがそこにはあった。

酔いと共に味わう、深夜のラーメンは最高だ。

神楽坂のどこか、路地裏で「中華そば」の赤提灯がぼうっと光っているのを見つけたら、近づいてみて欲しい。

<店舗情報>

中華そば まる田 https://twitter.com/kaguramaruta

Writer:ADAM

スカパー!番組放送情報

石神秀幸の決断!ラーメン開拓紀行 #8 東京・浅草編

170719_sinyamen_09.jpg
©ティーズ

放送日時 2017年7月30日(日) 20:30~21:00 ほか
チャンネル MONDO TV(CS295/プレミアムサービス659)

※再放送や関連番組の検索はこちら

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. ©2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会 ©NHK 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 ©KBS Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved

  • TOP
  • Eat
  • 〈深夜シリーズ2〉深夜にしか食べられないラーメンは格別だった。

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード