Play 2017/02/16 15:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

新入社員3人に聞いた!「ダルかった」はずの"接待ゴルフ"が「意外とアリ」になったワケ

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


170216_01_golf.jpg
Photo by Unsplash

これは社会人の宿命なのか......。会社に入社して1年目は、勉強やら会社の人たちとの人間関係やらとにかくかなり大変だ。そういえば、社外の付き合いもあったっけ。接待ゴルフとかね。もとからゴルフに興味がある人ならまだしも、興味はないのにさらに「接待」なんて言葉がついてしまえば、それはもう拒否状態。考えるだけで嫌になってしまう人もいるであろう。

しかし筆者の周りには接待ゴルフデビュー経験後、なぜかゴルフにハマってしまった人が予想外にもたくさんいる。......なぜだ?!ゴルフ未経験者の筆者はそんな彼らの心の移り変わりに興味がある。彼らの「接待ゴルフ」への考え方の変化を、思い切って聞いてみることにした。


「正直、ダルいって思いました」



170216_02_golf.jpg
Photo by すしぱく

この度、筆者の安易な興味から始まった試みに対し、紳士に答えてくれたのは、広告代理店勤務のA君、銀行マンのB君、そしてさわやかな笑顔が特徴的なメーカー営業のC君だ。いずれもまだ社会人1年目の彼らたち。やっとスーツ姿が板についてきた様子。

そんな彼らに「人生で最初に接待ゴルフに誘われたとき、正直どう思った?」と質問を投げかけてみる。すると揃いも揃ってこんな答えが返ってきた。

「マジか、って感じ。正直ダルいみたいな(笑)」(A君)

「俺なんて休日の朝6時集合とか言われてさ。当日、雨降らないかなってずっと思ってたよ(笑)」(B君)

「なんか年取ったなって思ったよね。ゴルフってまだまだおじさんがやるイメージがあったから」(C君)

実は3人とも、学生時代含め一度もゴルフをやったことがなかった。そのためゴルフに対してかなりネガティブなイメージがあったようだ。特に3人がいる会社は"体育会系気質"なため、「ゴルフは仕事の延長みたいなもの」だなんて言う上司もいたという。

確かに新入社員は職場でも毎日気を遣っているのに、それが上司+取引先という状況はもう逃げ出したいも同然だ。


「わ、悪くない......!」



170216_03_golf.jpg
Photo by Manfred_WW

それが意外や意外。嫌々ながらも上司に連れられ"接待ゴルフ"にお供してみると、3人の心に変化が現れたそうだ。

「びっくりしたよね。思ったより楽しくてさ。悪くないなって。上司や取引先に気を遣うと思ったけど、むしろ向こうが"無礼講で"という雰囲気を出してきた」(A君)

確かにあの孫社長も、自分を立てるために部下や取引先にわざと負けられるのは大嫌いなんだとか。何事にも本気で立ち向かわない雰囲気は、ビジネスの上でもマイナスの影響を与えるからだと。逆に言うと、新入社員は上司が無礼講でいてくれるかどうかで"いい上司かどうか"を見極めることができるのかも。

「ゴルフって頭使うんだよね。どうやってゲームを組み立てていけばいいのかとかさ」(B君)

確かにゴルフは経営に似ているとも言われている。結局は一人でプレーする孤独なスポーツだから、上に立つ者としての判断力なんかが身に付くらしい。それを入社1年目で感じてしまったB君、出世の兆しあり?

「あんまり気にしてなかった女の子と話してみたら"いい子かも"って思っちゃうときあるじゃん。そんな感覚だった。もっと知りたい!みたいな」(C君)

なぜ彼がゴルフを女の子に例えたのかは分からないが、それほど魅力的だったのだろう。彼の恋が花開くことを応援したい。


「ありきたりだけど、結局仕事に役立った」



170216_04_golf.jpg
Photo by すしぱく

すっかりゴルフの魅力に取りつかれ、今では一人で打ちっぱなしに行くほど練習にも余念がない3人。実は彼らの同僚の中には「僕、プライベートと仕事は分けたいので」と言って、断った人もいるようだ。だが3人は「踏み込んでよかった!」と口を揃える。

よく年配の人たちの間で言われる「ゴルフはビジネスに役立つ」という定説が、「ゴルフ=仕事」の方程式を作ってしまう要因なのだが、3人も接待ゴルフのメリットについて「人脈を広げられた」と話してくれた。

しかしだからと言ってゴルフを"仕事の延長"と感じたわけではない。楽しめて、それが自然と仕事にも生かされて、むしろ一石二鳥くらいの感覚らしい。先輩と練習に行くことも増え、社内の交流も広がったのだとか。仕事で東京に出てきた地方出身のA君は、「先輩と仲良くなれていろんな飲み会にも誘われるようになった」と目を輝かせる。

彼らの次なる目標はスコアで100を切ることだそうだ。この数字はかなりハードルが高いのだが、来年はきっとゴルフも仕事も一回り成長していることだろう。

ゴルフ嫌い、むしろやりたいだなんて一度も思ったことのない筆者であるが、今年ゴルフデビューを飾ろうかと今密かに思っている。


Writer:Yumi Asakawa


スカパー!番組放送情報



170216_05_golf.png


スカパー!ゴルフのサイトでご確認ください。

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

川﨑宗則選手 ©Fukuoka SoftBank HAWKS Corp. All Rights Reserved. ©カンテレ Photographer:Kazuma Yamano Photographer:Yansu Kim 撮影:Ryo Higuchi Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved Licensed by スカパー! &KBS JAPAN © 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED 撮影●尾木司 Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved

  • TOP
  • Play
  • 新入社員3人に聞いた!「ダルかった」はずの"接待ゴルフ"が「意外とアリ」になったワケ

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード