Play 2017/06/23 12:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

まるで"現代版・一寸法師" SUPで楽しむ江ノ島

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


170623_sup_01.png

近年、世界中で盛り上がりを見せている「SUP(サップ)」というウォーター・アクティビティをご存知だろうか? 「Stand Up Paddleboard」の頭文字をとって「SUP」と呼ばれるこのアクティビティは、大きなサーフボードのようなものの上に立ち、パドルで漕ぎながら水面散歩を楽しむというものだ。その姿は遠方から見るとまるで❛現代の一寸法師❜のよう。

人気の理由は、海・川・湖など水上であればあらゆるフィールドで楽しめること。難しいテクニックが必要ないため老若男女が気軽にトライできること。そして、ボード上でヨガやティラピスをして体幹を鍛えたり、釣りをしたり、子どもや愛犬を乗せてクルージングを楽しむことができるなど、多様さがあげられる。

そこで今回は、江ノ島の海岸沿いに店を構える「ちょっとヨットビーチマリーナ江ノ島」で筆者が実際にSUPを体験し、その魅力をレポートでお届けする。

イケメン・インストラクターと陸上でイメトレ

170623_sup_02.jpg

お店での受付の後、早速着替えを済ませたら、目の前のビーチへ移動。江ノ島が一望できる絶好のロケーションだ。

170623_sup_03.jpg

今回レクチャーしてくれたインストラクターは、海が似合う爽やかなイケメン、本田暁彦さん。なんと、ボクシング・亀田興毅選手の元マネージャーだったそう(!)。

170623_sup_04.jpg

ボードは身長の約2倍の大きさ。比べるとこんなにデカい。(筆者の身長は170cm)

170623_sup_05.jpg

準備運動を終えた後はいきなり海に行くのではなく、まずは陸上で練習を行う。

「海に入ってから焦ってしまわないよう、陸上でイメージトレーニングをしていくことが大事です」 と言って、本田さんから立ち方のレクチャーを受ける。

まずは肩幅くらいに足を開き、すこし膝を曲げた状態でボードの中心よりやや後ろに立つ。この状態が一番重心を安定させるそうだ。パドルは肘を曲げずに、やや前のめりになって前方に突き刺すように入れ、ボード沿いに大きく漕ぐ。肘を曲げてしまうと力が必要となるため、「運動不足の方は筋肉痛地獄に落ちるので要注意」と脅された。左に漕げば右に進み、右に漕げば左に進むので、真っ直ぐ進むためには左右2〜3回ずつ漕いでいくといいらしい。

いざ、大海原へ!

170623_sup_06.jpg

基本を頭と体で覚えたら、トンビたちの歓迎を受けてさっそく海へ向かう。湘南のCMに使えそうな一コマである(筆者がイケメンであれば...)。

170623_sup_07.jpg

まずは膝をついた状態で漕ぎ始める。重心が低いため、立つよりも安定するそうで「オホッ♪ なんだ簡単じゃないか!」と開始早々、調子に乗り出す筆者。

170623_sup_08.jpg

さっそくSUPの上で立ってみた。...あれ? 風や波によって左右に揺られ、思ったよりバランスを取ることが難しい...!

「ちょ、まっw」

170623_sup_09.jpg

バッシャーン!

いきなり海の上に落ちた。

「どうですか? 一度海に落ちてしまえば意外と恐怖心がなくなって吹っ切れるものですよ。怖がらずにダイナミックにSUPを楽しんでみてください!」

さすが本田さん、ナイスフォロー!フォローまでイケメンである。

海上で楽しみながら体幹を鍛えられる!

170623_sup_10.jpg

本田さんのアドバイスもあり、なんとか立って焦げるようになってきた筆者。うまく漕ぐコツは、パドルを水面深くに入れて一漕ぎ一漕ぎをダイナミックに大きく行うこと。言われる通り漕いでみると、気持ち良くスイスイと進むではないか!

さらに、水面を揺らす波と不安定なボードを自分でコントロールすることで体幹を鍛えることもできるため、楽しみながらシェイプアップも可能だという。夏目前、海が似合う引き締まった男の体になりたいものである...。

心身共にリフレッシュできるSUP

170623_sup_11.png

パドルとボードの操作に慣れると心に余裕も生まれてくる。海上で聞こえるのは、心地よく吹く潮風と鳥の声だけ。都会の喧騒を忘れ、どこまでも大きく広がる空を眺めながら、波の心地よいリズムにのって沖へ進む。気づけばこの笑顔。

170623_sup_12.jpg

海にはサーフインや、ヨットやセイリングを楽しむ人々の姿も見られた。彼らを眺めながらSUPでスイスイと海上散歩を楽しむのもまた一興だ。

誰でも楽しめるSUPは、この夏のマスト・アクティビティ!

170623_sup_13.jpg

海のコンディションに大きく左右されるため、波の高さを心配してはじめは若干戸惑ったものの、たった1時間であっという間に慣れてしまった。後半は湘南の海上散歩を堪能。沖ではあまりの気持ち良さに、空と海を眺めながら、桐谷健太の『海の声』を口ずさんでいたことは内緒だ。

気楽に、優雅に、気持ちよく。誰でもすぐチャレンジできてしまう、SUP。
あなたもこの夏チャレンジして見てはいかがだろうか。

<店舗情報>
店舗名:ちょっとヨットビーチマリーナ江ノ島
営業時間:9:00~18:00
公式HP:http://www.chotto-yacht.com/

Writer:HEAPS編集部

スカパー!番組放送情報

ファースト・ライド SURF&SUP #1

放送日時 2017年7月1日 (土) 16:00~16:30
チャンネル EXスポーツ(プレミアムサービス609)

※再放送や関連番組の検索はこちら

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. Photographer:Kazuma Yamano Photographer:Yansu Kim 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 ©KBS Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved

  • TOP
  • Play
  • まるで"現代版・一寸法師" SUPで楽しむ江ノ島

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード