リリース 2017/09/04 10:30

このエントリーをはてなブックマークに追加

「SENDAI OTO Festival2017」10月28日(土)、29日(日)にBSスカパー! で放送

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


9月2日(土)、3日(日)開催『SENDAI OTO Festival 2017』

水曜日のカンパネラ/きゃりーぱみゅぱみゅ/ナオト・インティライミ/ゆず/大原櫻子/OKAMOTO’S/スキマスイッチ/サカナクション

イベントの模様は10月28日(土)29日(日)にBSスカパー! で放送!

スカパー! は、9月2日(土)、3日(日)に『SENDAI OTO Festival 2017』を宮城・セキスイハイムスーパーアリーナで開催しました。9月2日(土)の模様は10月28日(土)午後7時から、9月3日(日)の模様は10月29日(日)午後7時からBSスカパー! で放送します。

昨年仙台で開催した「SENDAI OTO Festival」を、今年は2Daysで開催。両日5,000人が来場しました。日本を代表するアーティストを両日4組迎え、至極のひとときをお送りしました。東北に活気をもたらした“音楽の祭典”。2017年夏の終わりを告げる9月、仙台で行われた豪華アーティストによる最高のパフォーマンスをお届けします。

■9月2日(土)【Day1】の模様

トップバッターは水曜日のカンパネラ。会場が暗転し音楽がかかると2階席にスポットライトがあたり登場。巨大な球体とともに客席をまわり、「ゴッホ」を披露。その後も客席をまわりながら「嬴政」や「チャップリン」などを歌い上げました。ステージに上がると「一休さん」「桃太郎」を独特な世界観で展開しました。最後は「マルコポーロ」を歌いながら、ステージを降りて客席を通り、会場後方の光輝いた扉へ姿を消していきました。次に「せんだーい!」の声で登場したのはきゃりーぱみゅぱみゅ。1曲目「ファッションモンスター」のアップテンポなリズムにあわせて会場のボルテージが一気に上がりました。その後もアップテンポな楽曲が続き、会場はさらに熱気の渦に包まれました。「原宿いやほい」や「CANDY CANDY -Remix Short-」「最&高」では、観客も一緒に振付を踊り会場一体の参加型ライブとなりました。3番手はナオト・インティライミ。色々な国の言葉で“ありがとう”を歌う「Catch the moment」から始まりました。「カーニバる?」では観客がタオルをまわしながら飛び跳ね、お祭り騒ぎのような展開へ。MCトークでは持ち前の明るさで会場を笑わせる一方、石巻を訪れ震災について感じたこと、約半年間世界を旅して想ったこと、などを話しました。初日のトリを飾ったのは、今年デビュー20周年を迎えたゆず。「サヨナラバス」「愛こそ」など新旧人気曲を披露。「タッタ」ではゆずのライブが初めての方も楽しめるように、踊りのレクチャーをしてから披露され、会場が一体となりました。8月が終わり9月に入っため北川から「9月に入ってあれ、終わったね。あれ色はやらなくていいよね」と会場を煽りながらも「仙台の空を見たらまだあれ色だったね」とヒット曲「夏色」に突入。歌い終えると会場から「もう一回」が沸きあがり2回目に入るとさらに会場の熱が高まりました。北川から「今日は僕たちのライブ、他のすばらしい人たちのライブを観に来てくれてありがとう」と感謝が述べられ「栄光の架橋」を観客と大合唱して初日を締めくくりました。

170904_oto_01.jpg
水曜日のカンパネラ ©SENDAI OTO Festival 2017

170904_oto_02.jpg
きゃりーぱみゅぱみゅ ©SENDAI OTO Festival 2017

170904_oto_03.jpg
ナオト・インティライミ ©SENDAI OTO Festival 2017

170904_oto_04.jpg
ゆず ©SENDAI OTO Festival 2017

■9月3日(日)【Day2】の模様

ピンクのサイリュームがつく会場に登場したのは、2日目トップバッターの大原櫻子。ロック・ナンバーの「READY GO!」がスタートすると会場のボルテージは急上昇。激しい曲調にあわせてステージを駆け回り歌い終えると履いていた靴が脱げるハプニング。続く「Jet Set Music!」では履き直した靴を脱ぎ、裸足でステージを駆け回り、歌詞の世界観を体現。最後は「踊ろう」を観客と一緒に踊り「またくるね~」とステージを後にしました。2組目は「BROTHER」の激しい演奏とともにスタートしたOKAMOTO‘S。MCトークでは、ハマ・オカモトが「ピンク(のサイリューム)、ついてないね」と、大原櫻子のライブとは一転、激しい楽曲を繰り広げる自身らをネタに笑いを誘いました。「うまくやれ」ではコール&レスポンスで観客の“うまくやれ”の声が次第に大きくなっていくのを聞くとオカモトショウは「最高―!」と大満足。その後もコール&レスポンスとパワフルな演奏、メンバーの巧みな演奏で会場を盛り上げました。続いて登場したのはスキマスイッチ。1曲目「奏(かなで)」の伴奏がはじまると大ヒット曲からのスタートに客席からは歓声が沸き起こりました。MCトークでは大橋卓弥が「そのうち仙台に住みたい」と兼ねてより仙台が好きだったことを話すと会場から大歓声。高まるテンションとともに「Ah Yeah!!」では観客のタオルが宙をまっていました。「ガラナ」などアッパーチューンの楽曲や「ボクノート」など思わず聞き入ってしまう楽曲まで繰り広げたライブのラストは、「全力少年」。サビでは観客が手拍子とともに合唱で終えました。「SENDAI OTO Festival 2017」を締めくくるのはサカナクション。「新宝島」からはじまったダンスチューンに会場は1曲目から総立ち。照明を駆使した演出が相まって会場は揺れているかのような盛り上がり。ライブは「三日月サンセット」が終わると会場が暗転、DJブースに立つメンバーが登場。「SORATO」までダンスフロアを思わせる雰囲気に包まれ、サウンドに身を委ねて観客が思い思いに踊りました。10曲をノンストップで演奏した山口一郎は「最後まで観てくださってありがとうございます。僕たちも楽しかったです。ここでワンマンライブをやったことがないので、次はここを目指したいです」と振り返り「目が明く藍色」で締めくくりました。

170904_oto_05.jpg
大原櫻子 ©SENDAI OTO Festival 2017

170904_oto_06.jpg
OKAMOTO’S ©SENDAI OTO Festival 2017

170904_oto_07.jpg
スキマスイッチ ©SENDAI OTO Festival 2017

170904_oto_08.jpg
サカナクション ©SENDAI OTO Festival 2017

《放送概要》

※上記の放送スケジュールは変更になる場合がございます。

タイトル SENDAI OTO Festival 2017
放送日時 2017年10月28日(土)後7時~ (Day1の模様)
2017年10月29日(日)後7時〜 (Day2の模様)
出演者 【Day1】水曜日のカンパネラ/きゃりーぱみゅぱみゅ/ナオト・インティライミ/ゆず
【Day2】大原櫻子/OKAMOTO’S/スキマスイッチ/サカナクション
チャンネル BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス579)
視聴方法 スカパー! のチャンネルまたはパック・セット等のご契約者は無料でご視聴いただけます。
公式サイト http://otofes.com/

<スカパー! オンデマンドでも同時配信!>

app.png

TV や PC に加え、スマートフォンやタブレットでも手軽にスカパー! をお楽しみいただけます。ご契約者であれば専用アプリのダウンロードがオススメです。スカパー! 公式サイトのログインページより My スカパー! ID を取得するだけで、スカパー! オンデマンドでも当番組をご視聴いただけます。

※スカパー! オンデマンド公式サイトはコチラ

<セットリスト> ※番組では下記の楽曲より一部を放送します。

≪9月2日(土)≫

■水曜日のカンパネラ

1)ゴッホ  2)嬴政  3)チャップリン  4)メロス  5)バク  6)ウランちゃん  7)ユタ  8)アマノウズメ  9)一休さん  10)桃太郎  11)マルコポーロ

■きゃりーぱみゅぱみゅ

1)ファッションモンスター  2)原宿いやほい  3)CANDY CANDY -Remix Short-  4)PON PON PON -Extended Mix-  5)にんじゃりばんばん -Extended Mix-  6)つけまつける  7)キミに100パーセント  8)インベーダーインベーダー  9)み -Short Ver-  10)もんだいガール  11)Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~  12)最&高

■ナオト・インティライミ

1)Catch the moment  2)Wonderful!  3)いつかきっと  4)今のキミを忘れない  5)未来へ  6)Hare-Hare-Parade  7)カーニバる?  8)The World is ours!

■ゆず

1)サヨナラバス  2)少年  3)虹  4)愛こそ  5)イロトリドリ  6)タッタ  7)夏色  8)栄光の架橋

≪9月3日(日)≫

■大原櫻子

1)明日も  2)真夏の太陽  3)マイ フェイバリット ジュエル  4)瞳  5)サイン  6)青い季節  7)READY GO!  8)Jet Set Music!  9)踊ろう

■OKAMOTO’S

1)BROTHER  2)ROCKY  3)NEKO  4)90’S TOKYO BOYS   5)うまくやれ   6)Lagoon  7)まじないの唄  8)Dance With You  9)Beautiful Days

■スキマスイッチ

1)奏(かなで)  2)ガラナ  3)ボクノート  4)さよならエスケープ  5)ミスターカイト  6)SL9  7)ユリーカ  8)Ah Yeah!!  9)全力少年

■サカナクション

1)新宝島  2)M  3)アルクアラウンド  4)『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』  5)三日月サンセット  6)SORATO  7)ミュージック  8)夜の踊り子  9)アイデンティティ  10)多分、風。  11)目が明く藍色

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

川﨑宗則選手 ©Fukuoka SoftBank HAWKS Corp. All Rights Reserved. ©カンテレ 撮影:Ryo Higuchi Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved Licensed by スカパー! &KBS JAPAN © 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED 撮影●尾木司 Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved

  • TOP
  • リリース
  • 「SENDAI OTO Festival2017」10月28日(土)、29日(日)にBSスカパー! で放送

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード