Talk 2017/03/04 18:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの日を忘れないために。若者たちが立ち上がった「東日本大震災復興イベント」

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


311_01_R.jpg



東日本大震災から6年が過ぎようとしているが、以前と比べ被災地の復興に関するニュースが少なくなってきているように感じる。しかし、東北3県沿岸の町では震災以前の活気はまだまだ戻っていないように思う。その現実と向き合うため、今とある若者たちが立ち上がっている。今回はそんな彼らの最近の活動を紹介したい。

Run 311


311_02_R.jpg
Photo by Run 311 official

昨年で5回目の開催となった「Run 311」は、東日本大震災の慰霊と復興支援を目的とした、"開催場所がない"ランニングイベントだ。

参加者はFacebookにて参加申し込みを行い、専用アプリをダウンロードして、登録を行う。あとは「Run 311」が開催されている期間内であれば、いつでも自分の好きなタイミングでアプリを起動し、走ったり歩いたり、はたまた自転車に乗って走り、その走行距離をアプリが登録してくれるシステムになっている。

このようにサイトやアプリ、SNSなどを利用することで開催場所を限定せず、毎年世界各国から参加者が集う「Run 311」。このイベントは『被災地と共に走り続けたい』という想いから、震災翌年の2012年3月から毎年開催されている。過去5回のイベント参加者総数は、世界中で8,000人を越えているというから驚きだ。

この取り組みの目標は、最終的には参加者全員の合計走行距離数が地球1周分である4万キロに達することであるという。慰霊や復興への祈りとして走ることで、東北地方に思いを馳せる連帯感を生みつつ、運動ができる喜びを分かち合うイベントだ。

http://www.run311.world/
https://www.facebook.com/Run311


石巻一箱古本市


石巻一箱古本市01
Photo courtesy of 一箱古本市

石巻一箱古本市02
Photo courtesy of 一箱古本市

「一箱古本市」は2005年より、東京の谷中・根津・千駄木「不忍ブックストリート」ではじまったもので、誰でも段ボール1つ分の古本を持ち寄って、'1日本屋さん'になることができるイベントである。

このイベントは今では全国各地で開催されている。石巻でも震災後の2012年から1年に1回開催されており、商店の軒先や商店街の空き地など複数箇所で開催される「石巻一箱古本市」は東北の本好きたちにとっての人気イベントとなっている。

この「石巻一箱古本市」を運営しているのが、「石巻まちの本棚」のメンバーたちだ。彼らは、市内の商店の人や地元民が本を囲って交流を深める事を目的とした2者による共同プロジェクト。一方は「一箱本送り隊」で、被災地域に住む方に本を送るボランティア団体。もう一方は、「一般社団法人ISHINOMAKI2.0」。'世界で一番面白い街を作ろう'を合言葉に新しい未来を作るべく、石巻のバージョンアップに勤しんでいる。実に若者らしい今風のネーミングである。

http://bookishinomaki.com/


Reborn Art Festival(リボーンアート・フェスティバル)


311_04_R.jpg
Photo by Shinji W

「Reborn Art Festival」は、石巻・牡鹿(おしか)地区で毎年7月22日から9月10日に行われているお祭りだ。

主催であるap bankは、音楽プロデューサー小林武史氏、Mr.Children桜井和寿氏、坂本龍一氏らによる共同出資によって2003年に設立された一般社団法人で、持続可能な社会を創るための活動を行うことを目的としている。

このイベントは、「アート」・「音楽」・「食」の3つから成り立つお祭りで、芸術家と地元の人々がコラボした作品の展示や音楽フェスの開催、さらには地元有名シェフの料理が楽しめる。
その中でも特にイベントの目玉となるのは、アメリカ人現代美術家で奇抜な発想で知られているブルース・ナウマン氏の作品の展示と、人気イタリア料理「ISOLA」の料理であろう。地元の人々が集まり、みんなが楽しめるこのお祭りは、新たな夏の風物詩となりそうだ。

http://www.reborn-art-fes.jp/


以上、震災復興への取組みを一部紹介したが、こうした取組みは少なくない。その根底にあるのは「助け合いの精神」だ。6年も経てばメディアでの報道も減って記憶も風化していくかもしれない。しかし、私たちはもう一度そこで暮らす人々と一緒になって復興への連帯感を持ち続けていくべきだ。そのためにこうしたイベントを入口にするのもよいだろう。
街の活気は、絶対にまた戻ってくる!



Writer:Shota Ishihama



スカパー!番組放送情報

東日本大震災から6年の歩みを、スカパー!はしっかりと伝えます。

311_05_R2.jpg


番組はこちらのページでご確認ください。


※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. 撮影●後藤利江 撮影=福岡諒祠 ©KawaiianTV 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©KBS © 2011「探偵はBARにいる」製作委員会

  • TOP
  • Talk
  • あの日を忘れないために。若者たちが立ち上がった「東日本大震災復興イベント」

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード