Talk 2017/04/27 11:09

このエントリーをはてなブックマークに追加

シムクン♥韓流|今月は"はっちゃけたキャラクターで愛される「末っ子キャラ」"ソンジェ(BtoB)さん登場!

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


main.png

ユク・ソンジェ(BTOB)さん登場!ドラマ「トッケビ(原題)」の見どころなどお聞きしました!

170418_simkung_sonje.jpg
(C) CJ E&M Japan

――演じているユ・ドクファはどんなキャラクターですか?

一言で言えばツンデレです。叔父(=トッケビ)とウンタクへの接し方を見ると、自分は関係ないという顔をしながら、裏では全部助けてあげるんです。もしかしたら叔父や死神のことを一番考えてあげているのは、ドクファなのかもしれません。

――ソンジェさんとキャラクターが似ているという声もたくさんありました。

僕から見ても似ていると思います。なので、ドクファというキャラクターを「どのように演じるか」ではなく、どのようにユク・ソンジェ化させるのか、たくさん考えました。

――コン・ユさんとイ・ドンウクさんとの撮影はいかがでしたか?

とても楽しかったです。初めはお二人ともベテラン俳優なので緊張していたのですが、お二人が可愛がってくださるので、自然と緊張がほぐれました。なかよくなったきっかけは......アドリブです。

――ソンジェさんの?

僕もしたし、お二人もたくさんしていたし。監督さんも台本にあるセリフが終わってもずっとカメラを回し続けているんです。だから、みんなで争うようにアドリブをしていましたね。やっていることはだいたい幼稚なこと(笑)笑いのセンスが似ていたんです。

――精神年齢が似ていたのではなくて?

ははは。そうかも(笑)不思議だったのは、一回動きを合わせただけでしっくりとくるんです。撮影終盤になると「コン・ユ兄さんはこう演じるだろうな」、イ・ドンウク兄さんは「こういう動きをするだろうな」というのがわかってきました。

――お二人とは、撮影の合間にどんな話をしていましたか?

男の話すことなんて、だいたい決まっていますよね。車の話とか、家の話とか。演技の話ですか? 考えてみたら、全然しなかったです(笑)ほんとにしなかった!(と言って、自分でも驚く)

――ソンジェさんは、所属するBTOBの中でもバラエティ番組でも、年上の方にとてもかわいがられているイメージがあります。年上から可愛がられるコツは?

う~ん。「可愛がってもらおう」と意識して何かをしているということはないので......。実際姉がいるので、うまれた時から弟キャラなんだと思います。それにまだ若いので、どこに行っても最年少のことが多いんです。だから、自然と弟っぽい言動になってしまうんだと思いますね。逆に、僕よりも年下の人とはどう接していいのか、どう世話をしてあげればいいのかわからないです(笑)

――脚本は、ヒットメーカーのキム・ウンスクさん。なぜ、ソンジェさんを抜擢したとおっしゃっていましたか?

僕が出演していたドラマやバラエティ番組を見て、「ドクファに負けず劣らず自由奔放でユニークな子だ」と思ったそうです。演じるときには「ドクファのはっちゃけ感を上手く引き出して欲しい」と言われました。

――キム・ウンスクさんとの印象的なエピソードはありますか?

正直な話...はじめてのセリフ合わせの時、ウンスクさんの期待に応える演技ができなくて。ウンスクさんの仕事場に何度も出向いて、直接演技指導をしていただいたんです。セリフを一語一句、何度も何度も練習しました。僕にとって、ウンスクさんは脚本家さんというより、演技の先生のような存在です。

――スパルタ指導のおかげか、視聴者からは演技が高評価を受けました。

ウンスクさんもすごくよかったと褒めてくださって! すごく幸せな気持ちになりましたし、自信にもつながりました。

――最後に、ドラマの見どころを教えてください。

見どころは、童話のようなファンタジー性あふれるストーリーと、僕たち"非人間3人男"勢のビジュアルです。韓国ドラマ史上、最強のビジュアルを持ったドラマだと思うので、今作を見ながら目の保養をしてください(笑)

取材・文:酒井美絵子

simkung_interviewer.png

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。

2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

注目の番組

170418_simkung_tokkepi.jpg
© STUDIO DRAGON CORPORATION

「トッケビ(原題)」

GWスペシャル!鬼<トッケビ>(原題) キャッチアップ放送(#1~#13)

コン・ユ4年ぶりのドラマ復帰作!900年を生きた鬼(トッケビ)と少女の哀しくも美しい愛の物語。

不滅の命を終わらせるために人間の新婦が必要な鬼(トッケビ)、彼と奇妙な同居生活を始める記憶喪失の死神、そして自分を"鬼の新婦"だと主張する少女のファンタジーラブロマンス。

『トガニ 幼き瞳の告発』『新感染 ファイナル・エクスプレス』など、活躍の場を映画に移していたコン・ユが4年ぶりにドラマ復帰を果たした本作。
不滅の人生を生きるミステリアスで哀しい鬼キム・シン役を演じる。ヒロイン役にはドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で一躍人気女優の仲間入りを果たしたキム・ゴウン。さらに日本でも人気の高い演技派俳優イ・ドンウク、人気ボーイズグループBTOBのユク・ソンジェ、女優ユ・インナといった個性溢れる俳優陣が集結!
脚本は「太陽の末裔」「相続者たち」などを手がけた超ヒットメーカー、キム・ウンスク。演出には「太陽の末裔」でタッグを組んだイ・ウンボク。
映画を超える壮大なスケールで描かれた、美しく、そしてクスッと笑える絶妙なファンタジーラブロマンス!

【あらすじ】

高麗最強の武士だったキム・シン(コン・ユ)は、幼い王の嫉妬から逆賊に仕立て上げられ命を落とす。不滅の人生を生きなければならない呪いをかけられ約900年を生きたある日、事故で瀕死の女性を助ける。18年後、その女性の娘ウンタク(キム・ゴウン)は高校3年生になり、親戚の家で暮らしていた。19歳の誕生日を一人で迎えたウンタクがろうそくの火を消すと、突如キム・シンが現れる。
キム・シンは自分を呼び寄せることができ、さらに自分のことを鬼だと見破ったウンタクが、自分の呪いを解いてくれる「鬼の新婦」なのではないかと期待するのだが...。

<全16話>

出演者 コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユク・ソンジェ(BTOB)、ユ・インナ ほか
放送日時 #1~#5:5月5日(金)17:00~深0:00 (5話連続放送)
#6~#10:5月6日(土)17:00~深0:30 (5話連続放送)
#11~#13:5月7日(日)15:30~19:50 (3話連続放送)

★★関連番組★★
「鬼<トッケビ>(原題) スペシャル~どの日もよかった~」
放送日:5月7日(日)19:50~21:00、5月12日(金)17:00~18:15
チャンネル Mnet(プレミアムサービス658)
simkung_btn_channel_sp.png
simkung_icon_set.png

このチャンネルみるなら韓流セットがお得!

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「popstyle(ポップスタイル)」紙面にて始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。

「シムクン」とは、韓国語で「胸キュン」を意味する流行語です。

次世代の韓流スターの素顔に迫ったインタビューと写真、プレゼント企画など「シムクン」な内容盛りだくさんです。「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」は、毎週第4水曜日にて連載中です。

※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求め下さい。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。

http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

当サイトでは「シムクン♥韓流powered by スカパー!」と連動し、記事内では伝え切れなかったエピソードなどを読むことができます。ぜひ、「シムクン♥韓流powered by スカパー!」とあわせてお楽しみください。

simkung_btn_column.png
1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

撮影●福岡諒祠 ©Yasuyuki Kasagi ©Seitaro Tanaka ©渡辺航(週刊少年チャンピオン) 2008/ スカパー!・東宝・舞台「弱虫ペダル」製作委員会 撮影●福岡諒祠 © BSスカパー! BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権in 仙台 Credit: Discovery Communications ©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

  • TOP
  • Talk
  • シムクン♥韓流|今月は"はっちゃけたキャラクターで愛される「末っ子キャラ」"ソンジェ(BtoB)さん登場!

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード