Talk 2017/05/14 19:30

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ「弱虫ペダルSeason2」壮行会レポート

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


TAK_9879.JPG

5月14日(日)、EX THEATER ROPPONGIにて、BSスカパー!オリジナル連続ドラマ「弱虫ペダルSeason2」の壮行会イベントが開催された。本イベントは昨年スカパー!で放送された弱虫ペダルを原作として実写ドラマの続編(8月18日より前編7話、11月より後編6話)放送を盛り上げるための壮行会。今回、約5700名が抽選に応募したが、惜しくも抽選に外れてしまい、見れなかった人へのリポートを楽屋裏話を含め、公開する。

しかも、この日はサプライズで公約企画(オーダー)を発表。5月14日の19:30から24時間以内に、このイベントリポート投稿へのリツィートが3000を超えると、"ドラペダファン一同"という名目で撮影現場に差し入れが入ることに。つまりファンの応援がリアルな差し入れとなってキャストたちに行き渡るというのだ。

第1部に登壇したのは小越勇輝、木村達成、深澤大河、郷本直也、友常勇気、馬場良馬、鯨井康介、八島諒、滝川英治、木戸邑弥、青木空夢、植田圭輔、守屋光治、山本侑平の計14人。

ドラマの撮影はまだ始まったばかりだが、楽屋裏では本イベントのロビーに飾るための色紙を仲良く並んで書くなど和気あいあい。木村の色紙に深澤が「それ、おもろー!」と、鳴子ばりに関西弁風に突っこんでみたり。新キャストとなる守屋の着替え直後に出くわした郷本は「めっちゃ御堂筋!!」とニッコリ。

さらにリハーサルでも、名前を呼ばれた馬場が元気よく「はい!」と返事をすると、郷本や友常らから「いい挨拶だ!」と褒められ「挨拶はちゃんとしろって言われていて」と馬場は新人風に切り返し。ゲームのリハーサルでも、仮グループとして自然に集まった郷本、友常、馬場、滝川。そこで郷本が「これダメチームだ」とつぶやくと「絶対ボケるチーム(鯨井)」「あそこは絶対入りたくない(笑)(小越)」と、みんな喧々囂々。

MCには鯨井、そのアシスタントには八島が抜擢され、"T2"コンビが仕切るのだが、舞台版で盛り上げ役だった郷本から、その役を引き継いだ形になる鯨井の二人が集まると、爆笑やり取りは必然。大縄跳びのリハーサルでも馬場がボソッと「1億回行ける」と話すと、郷本が「って言ってる!」と告げ口。すかさず「じゃあ30回言ったらジャマしますね(鯨井)」「あ~、ほかチームのやつらが入ってくるとかね(郷本)」「回してるやつの尻けります。面倒になったら20回から入るかも(鯨井)」と笑いを取りながら、工夫が飛んだ。

実際のチーム分けでは、山本リーダー率いる赤チームに馬場、友常が揃い、最後に郷本が赤を引くとボケ倒すチームの完成とあって全員が崩れ落ちる。いっぽう、青チームはリーダーを植田が担当したことで小越が「青がいいな~」と言うと、見事に青を引き寄せ。植田と2人で抱き合い喜びを分かち合あった後は、滝川、青木が続き箱学多数。最終的に白チームは新メンバーの守屋がリーダーとなり、深澤、木村、木戸の3校混成チームとなった。

そうして始まったゲームコーナー最初、インスピレーションゲームでは"監督の好きな音楽ジャンルは?"という質問に「女子十二楽坊」と想定通りボケる山本率いる赤チームに続き、守屋率いる白チームもまさかの「ジブリ」と謎のボケ。唯一の救い植田率いる青チームは「ヘビメタ」とマジメに正解を出すが、実は最初に植田が「ヘヴィメタ」と書いていたことを滝川に暴露され、照れ笑いする一幕も。

TAK_0264.JPG

そんな仲良しさは、次の個人ゲームでさらに発揮。"生まれ変わるとしたら誰になりたい?"という質問の答えを4人一致させるはずが、守屋が木村の名前を挙げると鯨井から「それは間違い!」とツッコんだり。植田が「小越」と書くと小越は「こうちゃん(鯨井)」と。名前を書かれた鯨井は「オレも生まれ変わるなら小越がいいなー」と相思相愛とぶりに会場を沸かせていた。

最後の大縄跳び対決では赤チームは9回。青チームはまさかの1回。結果は白チームが勝ち、50回を超えたところでMCからストップが入るほどだった。

TAK_0540.JPG

そして、ここで今回の公約(オーダー)となる"ドラペダファン一同"という名目での差し入れ企画について、ステージ上で何がいいかの相談をする予定だったが、「ハワイ!」「シンガポール!」「流しそうめんがいい!」と、言いたい放題のキャスト。しびれを切らした鯨井は「もうこうなると思ってた! 決まらないからこっちで決める!最初に木村が言った叙々苑弁当ね!」と鯨井一任で決定。有名弁当だけにファンからの応援がダイレクトにキャストのテンションにつながりそうだ。

その後の第2弾、第3弾と続く新たな公約(オーダー)として、6月中旬以降から、壮行会での楽屋動画がアップされる。そのリツィート数に応じて、ここでしか見られないゲーム対決「オールラウンダー編」「スプリンター編」「クライマー編」を公開。こちらも見逃せない。馬場の「お蔵入りになったらやばいね」というコメントが現実にならないよう、公式ツイッターは随時チェック。

公約企画の情報はこちら↓

https://www.bs-sptv.com/yowapeda/commit/

イベントでは終始、自由奔放なメンバーに一つ一つ突っ込み疲れ果てた鯨井に、郷本が「ごくろうさま」とねぎらうシーンもあり、キャストの息がぴったりあった壮行会となった。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

撮影:尾木司 ©CJ E&M Japan Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved 撮影●福岡諒祠 ©Yasuyuki Kasagi ©Seitaro Tanaka ©渡辺航(週刊少年チャンピオン) 2008/ スカパー!・東宝・舞台「弱虫ペダル」製作委員会 © BSスカパー! BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権in 仙台 撮影●福岡諒祠 Credit: Discovery Communications ©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

  • TOP
  • Talk
  • ドラマ「弱虫ペダルSeason2」壮行会レポート

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード