Talk 2017/09/25 18:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードの確執とは?(1)

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


いつの世も名優たちの熱き競演は心震えるもの。ハリウッド映画の黎明期から君臨した二人の名女優、ベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードの競演もそうだったに違いない。

オスカー女優としてともに同時代を生きた二人。互いを強く意識し合ったがゆえ、ともに数え切れない程の作品に出演したにもかかわらず、共演したのは1962年に公開されたミステリーホラー映画『何がジェーンに起ったか?』(1962年)のわずか1度きり。物語では姉妹を演じた二人だが、撮影現場では意地とプライドが激しく衝突し、いつしか「伝説のライバル対決」と呼ばれるようになった。ハリウッド映画が大きく花開き始めた時代に咲いた大輪の2つの花、ベティとジョーンの対立はすさまじく、後世に語り継がれるほどだったという。

往年の名女優の「伝説のバトル」を、現代のオスカー女優がリアルに演じる迫力満点の人間ドラマ

170925_FEUD_01

その伝説の確執を、現代の名女優たちが臨場感たっぷりに演じてる話題のドラマ『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』。ドラマのタイトルでありテーマでもある「FEUD(フュード)」とは、確執のこと。二人のプライドをかけた熾烈なバトルを、現代のハリウッド名女優二人が見事に蘇らせた。

「フィルムのファースト・レディ」と謳われ2度のアカデミー主演女優賞に輝いたベティを演じるのは、映画『デッドマン・ウォーキング』でオスカーを手にした名女優スーザン・サランドン。一方、MGMのスターでこちらもオスカー女優のジョーンに扮するのは、『トッツィー』でアカデミー助演女優賞、『ブルースカイ』で主演女優賞を獲得したジェシカ・ラングだ。

演技とはいえ、名女優たちがプライドや嫉妬心丸出しでぶつかり合う姿は迫力満点! 二大女優の熱演を日本語吹替版で演じるのは、夏木マリと秋吉久美子というこれまた日本屈指の名優だ。ジェシカを夏木、スーザンは秋吉という意外性のあるキャスティングも興味をそそられる。

日本の名優たちがオスカー女優の熱演を声だけで見事に表現!

アフレコを担当した二人にドラマの感想や手応えを聞くと、夏木は「楽しかった」と答え、アフレコ初挑戦の秋吉は「難しかった」と振り返った。二人がはからずも対極の反応を示すところもドラマのようで実に面白い。

170925_FEUD_02.png

秋吉「(吹き替えは)難しいですね。感情を入れると声が高くなっちゃう。私の声は日本人女性の中では低音の方だと思っていたんですが、画面に合わせると案外声が子供っぽくて。ワンオクターブ下でキープしながら、さらに感情を入れるというのがすごく難しいです。しかもこの作品では実力を兼ね備えた俳優が、エネルギーを持って演技をし続けているわけで、その存在に対してずっと向き合うというのは、こちらもエネルギーが必要だなと思います。」

夏木「私は声の仕事というのはすごく好きなものですから、今回も楽しんでやらせていただいています。私たちがヴォイス・キャストをしているジェシカ・ラングとスーザン・サランドンという俳優さんの演技が非常に素晴らしいので、演技も『あっ、こうするのね』と参考になったりもしていますし、非常に良いドラマにめぐり合ったなと思っています」

秋吉「45年間女優をやっていますが、私、結構声を褒められるんですよ。特徴的なステキな声だねって。その声をあんまり使えないというか。『あれ? 画面を見ると思ったのと違うな』というのも、新しい経験ですね。アフレコしながら何度も何度も同じシーンを見ていても全然飽きない。演出もよければ、照明もいい、ファッションも面白いし、セットも素敵。それに、脚本も面白くて、二大女優の演技のぶつかり合いがまず見ものなんです。監督の立場とか、二人の女優の間を取り持ちながらプロデューサーがうまく立ち回ったりとか、脇役にいたるまで一人一人の役がとても面白く作られている。そういう舞台裏まで本当に丁寧に描かれていて、毎回、何十回も見ているうちに面白いところを新たに見つけたりしてますよ。 褒め過ぎてどこを褒めたかわからなくなりそうかも(笑)。でも、やっぱり全て においてこのドラマの演出がすばらしいなと」

170925_FEUD_03.jpg

夏木「いいですよね。面白いですよね。誰しもが興味のあるハリウッドという、そして映画産業のなかの良い時代の話。私も俳優として興味がありますし、視聴者の方もきっとそれ以上に興味がある題材だと思うんですね。作品として素晴らしいチームが仕上げているので、女優という職業のシリアスな話だけれどもコメディータッチな部分もあったりとか、すごく面白くできていると思います」

本ドラマを手がけるのは、『glee/グリー』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』などで高視聴率を叩き出す敏腕プロデューサー、ライアン・マーフィー。ドラマに登場する実在した監督や俳優、映画関係者を演じるのもオスカー女優のキャシー・ベイツやキャサリン・ゼタ=ジョーンズら名優ぞろいで、一瞬たりとも見逃せない濃密で質の高いエンタテインメントと言えそう。この秋、どっぷりと魅惑のハリウッドの世界に浸ってみてはいかがだろうか。

Writer:橘川有子

スカパー!番組放送情報

170925_FEUD_04.jpg
© 2017 Fox and its related entities. All rights reserved.

[無]フュード/確執 ベティ vs ジョーン #1[二]

放送日時 2017年10月4日(水) 23:30~0:50
チャンネル スターチャンネル3 吹替専門(BS202/プレミアムサービス627)

※再放送や関連番組の検索はこちら

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. 撮影●後藤利江 撮影=福岡諒祠 ©KawaiianTV 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©KBS © 2011「探偵はBARにいる」製作委員会

  • TOP
  • Talk
  • ベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードの確執とは?(1)

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード