Talk 2017/12/01 18:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

【イケ男図鑑】千葉雄大にインタビュー!映画 妖怪ウォッチのアフレコで…

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


171201_chiba_01.jpg

甘いマスクの俳優・千葉雄大が、孤独な少年トウマを熱演!

可愛い後輩から影のある人物まで幅広く演じる俳優・千葉雄大。そんな彼が12月16日(土)から公開される「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」に物語のキモとなる「鬼まろ」と契約を交わす孤独な少年・トウマとして出演!今回映画の話を始め千葉雄大にとっての2017年について語ってもらった。

-最初にアニメ「妖怪ウォッチ」の新たなキャラクターを演じると聞いた時は、どんな気持ちでしたか?

千葉雄大(以下・千葉):ワクワクしました! 僕が演じたトウマは孤独を抱えた少年ですけど、バトルシーンもあるということでテンションが上がりましたね。

-「妖怪ウォッチ」は、前回の劇場版だとアニメと実写が入り混じるなど、ユニークな試みが特徴的でしたが、今作で驚いた点は?

千葉:まず、ジバニャンたち妖怪の顔が違うんですよ!普段はかわいいのに、シャドウサイドだと声も違って、めっちゃ重低音かかってるんです(笑)。『何とかだニャン』みたいのがないんですよ!それから、“鬼太郎”たちが登場することにも驚きました。僕は野沢雅子さんたちの声が入っている状態でアフレコをさせていただけたので、「ああ、すごい! 鬼太郎の声だ」と思って、グッと来ました!

-千葉さんは上白石萌音さんの声も聞きながら、アフレコできたんですよね?萌音さんの声優っぷりはいかがでした?

千葉:いや、本当にすごいなと思いながら、聞いていました。ナツメは前向きな女の子ですが、芯の強さや優しさなどの細かいところを表現されていて、本当にすごい! 僕は萌音ちゃんの声に助けられながら、演じたところが大きかったです。

-アニメのアフレコは、どんなところに難しさを感じますか?

千葉:自分では気持ちが入っているつもりでも、それが伝わっていなかったりするとギアを変えて演じる必要があることですかね。でも、そういう表現ばかり気にすると心が置いてけぼりになってしまったりするので、どちらも持ちながら演じるのが難しいと思いましたし、声優さんって本当にすごいなと改めて思いました!

171201_chiba_02.jpg

-トウマは闇を抱えた孤独な少年ですから、抑えた演技はさらに難しそうですね

千葉:そうなんですよね。あんまり抑えすぎるとたまに28歳が出ちゃうんです(笑)、そういうところを音響監督さんにご指導いただきながらやらせていただきました。孤独を抱えている部分を演じるのは難しかったですが、後半はワーってできました(笑)。

-千葉さんのオススメシーンは?

千葉:ナツメちゃんが最後に妖怪を召喚するシーンが好きです。ナツメちゃんを見ていて、グッと来る瞬間が描かれているので、いいなって!そして、お子さんには戦闘シーンで興奮してもらえると思います。

-その一方、親御さん世代も楽しめそうなストーリーですよね?

千葉:親御さんも不意打ちでグッと来るシーンがたくさんあると思います。お子さん向けの作品では珍しいと思うんですけど、“孤独”を描くなど大人も共感できる要素がふんだんにあるので、ぜひ親子で楽しんでいただけたらと思います。

-千葉さんが一番好きな妖怪は?

千葉:僕は以前からコマさんが好きでした。コマさんって、何の気なしにおしっこしたりしますよね?そういうところがすごい面白い(笑)。

171201_chiba_03.jpg

-では、最後に。2017年もいよいよあとわずか。今年はどんな年でしたか? そして、来年の抱負をお聞かせください。

千葉:僕は今年、いろんなジャンルのお仕事をさせていただいたんです。ドラマ、映画、舞台、この声優もそうですが、こういった形は自分がお芝居をする上で目指していたものだったので、来年も垣根を作らずにいろんなジャンルのお芝居に挑戦したいと思っています。それと同時にいざ不慣れなジャンルにチャレンジすると、もっとこうしたいなという欲も湧いてきて…。来年はそういうところを丁寧にやっていく年にしたいですね。

-では、プライベートで挑んでみたいことは?

千葉:英語です。この秋やらせていただいた舞台の演出家さんが外国の方だったのですが、もうちょっと話せたらいいなと思ったので、本格的に勉強したいです!

PROFILE/

ちば・ゆうだい●
1989年3月9日生まれ、宮城県出身。2010年、「天装戦隊ゴセイジャー」でドラマデビュー。ドラマ「きょうは会社休みます。」(2014年)、「家売るオンナ」(2016年)、「連続テレビ小説 わろてんか」(2017年)、映画「殿、利息でござる!」(2016年)、「ReLIFE リライフ」、「帝一の國」、「亜人」(いずれも2017年)など出演作多数。現在、ドラマ「民衆の敵?世の中、おかしくないですか!?」(フジテレビ系)に出演中

撮影●後藤利江 取材・文●及川静

appロゴ-1.gif写真の続きは
【アプリ版】ヨムミル!plus
でご覧ください

App Store / Google Play

スカパー!番組放送情報

映画「妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」

放送日時 12月2日(土)後0:00~1:40ほか
チャンネル キッズステーション テレビアニメ・劇場版・OVA(CS330/プレミアムサービス669)

アニメと実写が融合した劇場版第3弾。さくらニュータウンに突然空飛ぶ巨大クジラが現れる。クジラの鳴き声が響き渡ると、ケータたちは実写の人間の姿になっていた。混乱しながらもケータやジバニャンは、アニメと実写の世界を行ったり来たりしながら原因を探っていく。

■公開映画情報  映画「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」

12月16日(土) 全国ロードショー

製作総指揮
原案・脚本
日野晃博
原作 レベルファイブ
監督 ウシロシンジ
特別出演 上白石萌音、千葉雄大
配給 東宝
公式HP http://www.eiga-yokai.jp
1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. 撮影●後藤利江 撮影=福岡諒祠 ©KawaiianTV 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©KBS © 2011「探偵はBARにいる」製作委員会

  • TOP
  • Talk
  • 【イケ男図鑑】千葉雄大にインタビュー!映画 妖怪ウォッチのアフレコで…

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード