Visit 2017/06/12 18:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

真の文化は"裏"にあり? 五感が目覚める古き良き日本・裏参道へ

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


170609_urasando_01.jpg

誰もが知るハイセンスなビルや高級ブランドの店舗が軒を連ね、華やかで洗練されたイメージを持つ東京の表参道。実は、その裏に"裏参道"というエリアができ、静かなブームを起こしているのをご存知だろうか。

今、新しい文化の発信源となっているのが「裏参道ガーデン」だ。閑静な住宅地の奥に佇む古民家をリノベーションし、食やアートなど様々な和文化体験が楽しめる大人の隠れ家的スポットとなっている。今回はこちらに足を運んでみた。

1階は「食」をテーマに様々な和スイーツを楽しめる甘味処が3店舗ほど並び、こじんまりとしたフードコートのような造り。また、2階はレンタルスペースになっていて、若手アーティストがグループ展を開催したり和菓子教室の先生による手作り和菓子体験が行われたりしている、心と体で"感じる"エリアだ。

この建物は1947年に建てられた古民家が元になっている。思わず「ごめんください」と言いたくなるような入り口の扉をくぐると、小さな庭にどっしり根を張る立派な梅の木が出迎える。店内に入ると昔懐かしい木のぬくもりとアットホームな空間が広がっていた。その裏参道ガーデンの管理人である霜鳥芽衣さんにお話を伺った。

古民家に宿る宝物たち

170609_urasando_02.png

― 「裏参道ガーデン」立ち上げのきっかけについて教えてください。

元々私たちは、この表参道エリアをメインとする不動産会社が本業なんです。3年前に空き家となったこの物件を見たとき、今では貴重な古き良き日本家屋の形がそのまま残されていることに気づきました。この建物の持つ魅力をうまくリノベーションして何か面白いことができないか......そう考えたときに、裏参道ガーデンのプロジェクトがスタートしました。

― この土地を知る不動産屋さんならではの特権ですね。70年も前に建てられた古民家のリノベーションはかなり苦労されたのでは?

当時の建物は耐震の基準も今とは違うため、建物の補強に苦労しました。家って人が住まなくなるとあっという間に傷んでしまう。まるで生き物のようですよね。 新しいビルや建物が次々と作られていく中で、古いものを残そうする試みは意味があることだと思っています。

― 表参道エリアの中にある裏参道ガーデンの家屋は古き良き趣きを感じますね。

そうなんです。梁や柱、欄間など、どれも味わい深いものばかり。次の世代に遺したい、すばらしい職人技がたくさんここにあったんです。また、この土地は元々古い住宅街でもあるので、この地域に暮らす人たちや地元の景観との共存も大きなテーマでした。調和、共存しながらも新しいことに挑戦する。これがまさに「裏参道ガーデン」のコンセプトでもあります。

表参道ならではの"和"の表現

170609_urasando_03.png

香りだつ日本茶と茶スイーツのお店「宇治園」では、好きな器を選び自分で気軽にお茶を点てる体験もできる。「味甘CLUB」の名物"天使の涙"は透明な水晶のような水信玄餅に、きなこと黒蜜をかけていただくスイーツ。一度見ると忘れられない惚れ惚れとしてしまうプルンとした艶やかさが食欲をそそる。

170609_urasando_04.jpg

また、「Riz Labo Kitchen」の米粉のパンケーキはグルテンフリーで普通のパンケーキより口当たりが軽く、フワフワととろけるような食感。どのメニューも素材にこだわり、心と体への優しさを感じるものばかりだ。

― ここ、裏参道の位置付けは、表参道とはどう違うのでしょうか。

1階の店舗では、"和"という統一テーマをもちながらも、新しいひらめきに満ちたメニューを日々開発しています。注文いただいたメニューはカウンター形式でお出しするので、お店側とお客さんのコミュニケーションも豊富。

このように、新しいアイデアと古き良き時代の融合は、表参道ならではの"和"の表現だと言えるかもしれません。日本らしさといっても京都や浅草など、土地柄によってその風合いは異なりますよね。"和"にも様々な解釈の仕方があると思うんです。

表参道は新しいカルチャーを吸収する柔軟さや洗練された雰囲気がある街なので、この場所でしかできない"和"へのアプローチがあるんじゃないでしょうか。

170609_urasando_05.jpg

「裏参道」色を根付かせるために

170609_urasando_06.png

「裏参道って正式な地名ではないんです。ここから裏参道という言葉が定着し、いつかこのエリア一体が裏参道と呼ばれる日が来るといいな」と語る霜鳥さん。裏参道がさらに発展を見せ、新たなカルチャーの発信地となるのは、そう遠くない未来かもしれない。

いつもの街も、裏路地を散策してみると新しい発見が待っている。

Writer & Photographer : Mina Goto

スカパー!番組放送情報

じゅん散歩

放送日時 2017年6月18日(日) 14:00~14:30 ほか
チャンネル テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ(CS299/プレミアムサービス612)

※再放送や関連番組の検索はこちら

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. ©2017 The History Channel Japan G.K. / WAC, Inc. All rights reserved. 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 ©KBS Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved

  • TOP
  • Visit
  • 真の文化は"裏"にあり? 五感が目覚める古き良き日本・裏参道へ

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード