Watch 2017/10/11 12:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

インディペンデントなのにワールドクラス!孤高のヒップホップキング

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


愛知県出身のAK-69は、地方出身であることを誇りに真のインディペンデント・アーティストとして常に独自の道を歩んできた。2010年代に入るとそれが高く評価されはじめ、2010年に『流派PV AWARD』、2011年には『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO』のBEST HIP HOP VIDEOと『Billboard JAPAN MUSIC AWARDS』のINDEPENDENT OF THE YEAR 2011などを受賞する。だが現状に甘えることを良しとしなかったAK-69は、翌年単身で渡米。ヒップホップの本場、米ニューヨークで武者修行するという険しい道を自ら選択した。そこでは、当地のヒップホップ専門ラジオ局が主宰するライブイベントへの出演を掴み取るなどした。ちなみに、アメリカでは今も専門ラジオ局が絶大な影響力を誇っている。

帰国後、インディペンデントなアーティストでありながらオリコンDVD総合チャートで1位を獲得。2015年の『MTV VMAJ2015』でBEST HIP HOP ARTISTに輝くなど、誰もが認めるトップアーティストとなった。そんな孤高のキングは昨年、米ヒップホップ名門レーベル「Def Jam Recordings」と契約を締結。さらにパワーアップした姿を見せてくれるだろうと国内外の期待値がより高まっている。

リアリティあるメッセージにアスリートがこぞって共感

171004_AK-69_01.jpg

もし仮に、AK-69の楽曲にピンとこないとしても、2014年、2015年、そして今年2017年と3度プロ野球選手登場曲の使用率でナンバーワンになったほか、ボクシングやK-1などでも使用されており、どこかで耳にしているという人は多いはずだ。そうやってAK-69の音楽は過酷な勝負の世界に生きる男たちの背中を押してきた。あの体操の内村航平もAK-69の楽曲を「勝負曲」と公言している。

闘う男たちを惹きつけ、次々に信頼を勝ち得るのはなぜか……。それは、AK-69自身が常に己の最高を更新するために、あえて厳しい道を選び続けているからに他ならない。孤独や不安に打ち勝ち自分をステップアップしていく生き様をそのまま映し出したリリックと力強いトラックに、アスリートたちは強い共感を覚えるのだろう。

熱いライブに魅せられる「中毒者」が後を絶たない!

活動を続けるなかで、着実にファンを増やしてきたAK-69。最も力を発揮するのが、ライブという現場だろう。2011年に愛知出身アーティストの憧れである日本ガイシホールでツアーファイナルを敢行。2014年には、インディペンデントアーティストながら日本武道館を含む単独アリーナツアーを開催し、話題となった。翌年には、全国でAK-69のライブを待ちわびるファンのために13都市を巡るホールツアーも行った。熱いメッセージや赤裸々に自らをさらけ出すAK-69の言葉と音楽に、心を掴まれてしまったが最後。その中毒性は高く、何度も見に行ってしまう中毒者が続出しているという。

豪華ゲストが集結する3年半ぶりの日本武道館ライブを開催

孤高のヒップホップキングが、次に選んだインディペンデントな道は自身のレーベル「Flying B Entertainment」を設立し「Def Jam Recordings」と契約することだった。新体制のもとで昨年11月にリリースしたアルバム『DAWN』は、オリコンウィークリーチャート8位となり、自己記録を更新した。(過去にさらに上のチャートあります)新たな旅立ちをDAWN=夜明けとした、AK-69の作品にはフリースタイルラップの大ブームを巻き起こした『フリースタイルダンジョン』でラスボスとして君臨した般若をはじめ、歴戦の有志が多数集結している。そこには、プライベートな交流が元で参加に至ったというUVERworldや清木場俊介の名も連なり、ジャンルを超えたコラボも多いに話題となった。

そのアルバムと同名のタイトルを掲げたライブ『DAWN in BUDOKAN』が10月18日に開催される。3年半ぶりとなる日本武道館で、AK-69がどんなスケールアップしたパフォーマンスを魅せるか今から楽しみでならない。スペシャルなライブには、スペシャルなゲストが似合う。前述のアルバムに参加したUVERworldや清木場俊介、般若はもちろんのこと、ヒップホップ界のレジェンド、ZEEBRAやDOBERMAN INFINITYらも参戦。AK-69の新たな門出にひときわ色濃い花を添えそうだ。ツワモノどもによるその場限りの豪華な競演も大いに期待できる『DAWN in BUDOKAN』は、この秋必見のライブと言えそうだ。

Writer:橘川有子

スカパー!番組放送情報

AK-69 / DAWN in BUDOUKAN@日本武道館

放送日時 2017年10月18日(水) 19:00~22:00
チャンネル BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス579)、スカパー!4K総合(プレミアムサービス596)

※再放送や関連番組の検索はこちら

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

©東映 ©アフロスポーツ ©東映 © 2015 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. ©AKS Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©︎森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved 撮影●阿部岳人 きゃりーぱみゅぱみゅ ©SENDAI OTO Festival 2017 ©囲碁・将棋チャンネル ©渡辺航(週刊少年チャンピオン) 2008/スカパー!・東宝・舞台「弱虫ペダル」製作委員会 Ⓒ福本伸行/竹書房/スカパー!

  • TOP
  • Watch
  • インディペンデントなのにワールドクラス!孤高のヒップホップキング

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード