Watch 2017/11/19 10:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

破格なスケールのアクションを見せる『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』

最新記事はTwitter(@sptv_PR)でお知らせ!


今年の春ドラマの中で随一の話題作だった、小栗旬、西島秀俊ダブル主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。国家を揺るがすテロ組織と戦う、公安機動捜査隊特捜班の活躍を描いたアクションドラマだ。

格闘術に長けた稲見(小栗)、潜入捜査を得意とする田丸(西島)、元天才ハッカーの大山(新木優子)、爆発物処理のエキスパート・樫井(野間口徹)、班長で取り調べの名手・吉永(田中哲司)という特捜班の5人が、創設者・鍛治(長塚京三)の指揮のもと、カルト教団やテロリスト、軍事スパイ、麻薬密売組織、裏の顔を持つ政治家などに立ち向かうというストーリー。

注目を集めたのは、なんといってもテレビドラマのスケールを超えたアクションだ。そして、必ずしも勧善懲悪ではないストーリーも話題になった。では、このドラマはどのように出来ていったのだろうか?

構想5年! ドラマの枠組みを変えた

171115_crisis_01.jpg
©カンテレ

原案・脚本は『GO』で直木賞を受賞した金城一紀氏。『SP 警視庁警備部警護課第四係』、『BORDER』に続いて3本目のテレビドラマの脚本となる。金城氏が小栗を主演に据えて5年前から構想を練ってきた企画だ。

カンテレの笠置高弘チーフプロデューサーのもとに小栗から企画が持ち込まれたのは3年前のこと。当初は小栗も金城氏も「テレビでは無理」と言っていたし、笠置氏も「テレビでは難しい」と考えていた。それがグッと前進したのは、西島の出演が決まったあたりだったという。

破格なスケールを実現するには予算がかかる。『CRISIS』の場合、通常の制作費に加えて、放送後の配信や海外セールス、ノベライズ、ムック本、グッズ、LINEスタンプなど、コンテンツビジネスとしてトータルで収支が合うように考えられていた。実際、海外7ヵ国で放送され、国内では有料提供される動画配信サービスでカンテレ制作ドラマの歴代最高の購入数を叩き出している。

専属アクションチームは6人体制!

171115_crisis_02.jpg
©カンテレ

小栗と西島はクランクインの1年以上前から、フィリピンの武術、カリ・シラットの稽古に参加していた。さらに田中、野間口、新木の3人も加わり、50日もの間、特訓が行われた。こうした時間のかけ方もテレビドラマではほとんど例がない。

ドラマのアクションを担っていたのは、アクション監督の田中信彦氏、アクションコーディネーターの和田三四郎氏ら6人。彼らがチームを組んで、アクションの監修と指導を行っている。これもテレビドラマとしては破格の体制だ。

脚本からアクションチームが流れや技のアイデアを出し合い、手本となる映像を制作した後、キャストがアクションチームの指導のもと練習を重ねて本番に臨んだ。現場ではアクションチームによる映像のチェックも欠かさない。『CRISIS』のアクションシーンの最大の特徴は、カットを割らない「長回し」だが、それもこうした緻密なフォロー体制があってのこと。『CRISIS』最大規模のアクションシーンだった第8話は、アクションシーンの撮影だけで連続12時間を費やしたという。小栗は「日本のテレビドラマ史に残るアクション」と自信をのぞかせる。

「現実に起きていることだから忘れるな」

『CRISIS』のもう一つの特徴は、「後味の悪さ」だ。テロリストたちは倒されるが、国家や権力者たちの不正は一切暴かれることなく、闇に葬られる。児童買春を行い、少女を意識不明に追い込んで、証拠を握ったジャーナリストを殺した政治家が逮捕されるどころか、出世してしまったりするのだ。

原作・脚本の金城氏は「いま、予定調和というか、ハッピーエンドで起承転結がはっきりしているドラマが多い中で、僕が見せたいものは何かと考えた時にこの形かな、と思った」と振り返っている。従来の刑事ドラマが守ってきた、ラストで必ず犯人が捕まるという「エンタメの最低保証」(金城)を意図的に壊していったのだ。

金城氏は「現実に起きていることだから忘れるな」という意識を持っていたという。「北」のミサイル実験、大学の認可取り消しをめぐるテロなどのきわどい話題も多かったが、それもリアルさにこだわったからだ。金城氏は『CRISIS』を「大人のドラマ」と呼ぶ。

こうして完成した『CRISIS』。破格のスケールを持つ「大人のドラマ」をもう一度楽しんでみたい。

参考

小栗旬&西島秀俊『CRISIS』CPが明かす“規格外”のドラマが実現した理由「やるなら今しかない」(マイナビニュース)

好評『CRISIS』小栗&西島のアクション支える“規格外”専属チーム(オリコンニュース)

後味の悪い結末も話題、ドラマ「CRISIS」の意図は(朝日新聞デジタル)

Writer:大山くまお

スカパー!番組放送情報

週末“イッキミ”ドラマ 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」全10話一挙放送

放送日時 2017年11月25日(土) 14:00~22:40
チャンネル BS日本映画専門チャンネル(BS255/プレミアムサービス634)

※再放送や関連番組の検索はこちら

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

1
Facebook twitter hatena line

スカパー!Magazine 「ヨムミル!」

毎月無料でお届けしているスカパー!ご加入者様向け会報誌。誌面ならではのデザインで各特集やインタビュー等を制作し、毎月のお知らせ事項も網羅しています。発送をご希望の方は、電話かWEB(Myスカパー!)でお申し込みください。

スカパー!Magazineヨムミル!Plus

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。

・見やすく探しやすい画面
・アプリ限定の撮りおろし写真
・充実の放送通知機能
・便利なカスタマイズ機能

appstore
QRコード
googleplay
QRコード
  • スカパー!セレクト5presents 俺の5チャンネル

© 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. © 2011「探偵はBARにいる」製作委員会 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 © 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. 2017ⓒCPBL ALL RIGHTS RESERVED Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved ©Big Hit Entertainment 撮影:細野晋司 © 岸本斉史 スコット/集英社 © ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015|©2013 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト|© 藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会|©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 ©KBS Licensed by スカパー! &KBS JAPAN ⓒ 2017 KBS Media Ltd. All rights reserved

  • TOP
  • Watch
  • 破格なスケールのアクションを見せる『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』

スカパー!Magazine「ヨムミル!Plus」

どなたでもすべて無料でお使いいただけるスマホ用アプリ。
スマホに合わせた見やすい画面で、「ヨムミル!」誌面をご覧いただける他、アプリ限定記事や、放送通知機能も充実!

appstore
QRコード
googleplay
QRコード